医療機関・薬局等の
感染拡大防止等の支援

申請書の受付は終了しました。

■事業目的

今後、新型コロナの感染拡大と収束が反復する中で、医療機関・薬局等においては、それぞれの機能・規模に応じた地域における役割分担の下、必要な医療提供を継続することが求められる。

医療機関・薬局等において、院内での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供することができるよう、感染拡大防止等の支援を行う。

※このページに掲載されている内容は、全国の標準的なモデルです。都道府県によっては一部異なる可能性があるため、詳細は都道府県のホームページをご確認ください。

■事業内容

新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しない動線確保など院内での感染拡大を防ぐための取組を行う医療機関・薬局等について、感染拡大防止対策等に要する費用の補助を行う。

医科医療機関の取組の例
  • 共通して触れる部分の定期的・頻回な清拭・消毒等の環境整備を行う
  • 待合室の混雑を生じさせないよう、予約診療の拡大や整理券の配布等を行い、患者に適切な受診の仕方を周知・協力を求める
  • 発熱等の症状を有する新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保やレイアウト変更、診療順の工夫等を行う
  • 電話等情報通信機器を用いた診療体制を確保する
  • 医療従事者の院内感染防止対策(研修、健康管理等)を行う
補助額

以下の額を上限として実費を補助

  • 病院(医科、歯科) 200万円+5万円×病床数
  • 有床診療所(医科、歯科) 200万円
  • 無床診療所(医科、歯科)  100万円
  • 薬局、訪問看護ステーション、助産所  70万円

※救急・周産期・小児医療機関に対する支援金と重複して補助は受けられない。

対象経費
  • 感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用

■お問い合わせ先

令和2年度2次補正で終了もしくは3次補正で今後詳細が明らかになるものもある事を御了解ください。
随時、最新の情報をアップしていきます。